税理士の私の仕事や日常を綴ったブログです。


by kqrfgouxdl

参院選 候補者擁立に遅れ、あるか民主の単独過半数(産経新聞)

 今年夏の第22回参院選に、選挙区と比例代表合わせて約200人が立候補を準備していることが3日、産経新聞社の調査で分かった。3年前の同時期(231人)に比べ約30人少ない。昨夏の衆院選から間がなく民主、自民両党とも候補者決定が遅れていることが要因だ。昨年9月に誕生した鳩山政権にとっては最初の大型国政選挙だが、政権の実績とともに「政治とカネ」への有権者の判断も注目されそうだ。

 民主党が衆院に続き参院でも単独過半数を得られるかが焦点。連立与党で過半数を維持できないと、衆参で多数勢力が異なる「ねじれ国会」の再現となる。

 任期満了(7月25日)を迎える改選議員は選挙区73人、比例代表48人の計121人。定数は242で、非改選と合わせ122議席が過半数。

 民主党は非改選62のため単独過半数には60議席が必要。改選53からは7議席上積みが必要だ。社民、国民新両党の連立与党3党では非改選67なので、3党の改選58を下回る55議席でも3党で過半数となる計算だ。

 離党表明した議員を除くと現在78議席の自民党は改選が42。自民党単独過半数には44議席足りない。公明党、共産党、改革クラブが現有議席と、野党の立場を維持した場合でも、改選に12議席上乗せした54議席がなければ与野党逆転がないという厳しい状況だ。

 選挙期日は通常国会の会期延長などに左右されるが、7月11、18日などが取りざたされている。

     ◇

 5、6日に「各選挙区の情勢」を掲載します。

【関連記事】
自民党再生 参院選しだいで党分裂も
「ポスト鳩山」菅副総理に打順は回るか?
拉致問題 民主、北と極秘接触 「生存者」示唆
7月に参院選 民主党の単独過半数なるか
小沢氏が参院過半数獲得へ地方行脚を宣言 菅氏ら小沢詣で

p7vgi3v7のブログ
りょうじのブログ
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化 比較
ライブチャット
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-01-09 04:14