税理士の私の仕事や日常を綴ったブログです。


by kqrfgouxdl

カテゴリ:未分類( 74 )

 専業主婦になりたい20、30歳代女性が増えている。不景気の影響もあって、若い女性が仕事をしてキャリアが積み上がっていくケースが少なくなっているせいらしい。希望を失った彼女たちは、その代わりにパンを焼いたり、料理に手間をかけたりといった、専業主婦としての生き方に、魅力を感じている。

 国立社会保障・人口問題研究所が行った「第4回全国家庭動向調査」で、「夫は外で働き、妻は主婦業に専念」という考えに「賛成」と答えた既婚女性が1993年の調査開始以来、初めて増加に転じた。08年7月1日に調査票を配布し、有効回答を1万192票得た。このうち妻が回答した6870票を対象に分析した。

■キャリア女性が結婚機にあっさり退社

 年齢別に見ると、賛成派は60歳代がもっとも多く半数を超え、次いで29歳以下が47.9%で、前回調査(03年)を12ポイント上回った。

 20歳代女性の専業主婦志向が上昇しているのはなぜか。

 日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員の石崎裕子さんは、

  「女性が仕事を通して自己実現を果たすには、依然として高いハードルが存在しています。さらに、不景気の影響で、就職難だったり、非正規雇用が増えたりと、若い女性が、仕事を通してキャリアを積み重ねていくことに対して、希望が持ちにくい状況になっています。このような将来に対する先の見えない不安感を抱えた中で、専業主婦という選択が、結婚後も仕事を続けていくことと比べたとき、若い女性たちにとって、より魅力的な選択肢として浮上しているようです」

と話す。

 前出の調査で30歳代にも専業主婦志向が目立った。「夫は外で働き、妻は主婦業に専念」との考えに41.7%が賛成し、前回調査を7ポイント上回った。

 就職氷河期を経験した30歳代は、仕事に就くことの大変さを実感している。ところが、『アエラ(AERA)』(10年4月26日)の「結婚と仕事 不器用世代が願う『新・寿退社』」と題する記事では、キャリアを積んだ女性が結婚を機にあっさりと会社を辞める姿が報じられている。

 例えば、氷河期まっただ中の01年に外資系金融会社に就職した既婚女性(30)は、深夜3時にタクシーで帰宅する生活が続いていた。仕事を家に持ち帰ることもあった。家庭を実感できず、「キャリアやお金がいくらあっても人生の最後には残らない」「夫婦の絆を失うことのほうが怖い」。そう思って会社を辞めた。専業主婦になってからは毎日の生活に幸せを感じ、「もう二度と働きたいとは思わない」という。

 寿退社が決まった女性(28)は、「仕事は好きだけど、家庭がおろそかになるとストレスを感じる。両方を手に入れるのが難しいなら、仕事はしたくない」と専業主婦の道を選んだ。

■専業主婦でも女性として魅力的でありたい

 ただ、こうした若い女性の専業主婦志向は今に始まったことではないようだ。「1998年版厚生白書」(厚生労働省)によると、夫婦の役割分担が「男は仕事、女は家事」から「男は仕事、女は仕事と家事」を経て、「男は仕事と家事、女は家事と趣味(的仕事)」に変わった。「新・専業主婦志向」と名付けられ、生活のためのパートやキャリアウーマンといった働き方を嫌うが、社会とつながっていたいため、趣味や趣味的仕事は欠かせないのだという。

 前出の石崎さんは、女性誌『VERY(ヴェリィ)』(光文社)に、「新・専業主婦志向」の女性たちが憧れるライフスタイルが創刊以来ずっと描かれている、と指摘する。生活感を巧みに隠しながら、夫という経済的基盤のもとで、レストランでのランチやお稽古事を楽しむ幸福な専業主婦像は、それまでの主婦イメージを大きく塗り替えた。

 最近の若い女性の専業主婦志向も、この延長線上にあると石崎さんは考える。不景気の中で節約を心がけつつも、自らパンを焼いたり、料理にほんのひと手間かけてみたりといったように、主婦として生活自体に楽しみを見出そうとする傾向がみられるという。

  「夫や子どものために自分自身を犠牲にして主婦業に専念するというよりも、むしろ、専業主婦という生き方を通して、一人の女性としていつまでも魅力的でありたいという思いが感じられる」


■関連記事
なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」  : 2010/02/22
妻から離婚切り出され  子連れで実家に帰る夫たち : 2009/12/02
20代女性に強まる「専業主婦願望」 理由は「働きたくない」「ラクしたい」 : 2009/06/08
ナマ着替えシーンも拝めるノゾキ見気分なDVD : 2010/02/05
職場の女性を引きつけるしぐさ「ネクタイをゆるめる」 : 2010/01/21

菅首相会見速報(4)普天間「日米合意に基づき進める」(産経新聞)
好立地の薬局確保、取引独占=高知の医薬品卸会社に警告―公取委(時事通信)
チグハグぶり目立つ首相交代劇 (産経新聞)
<菅首相>官房長官に仙谷氏、幹事長に枝野氏起用へ(毎日新聞)
りそな銀、2億5000万円納付漏れ=収入印紙60万枚分―大阪国税局(時事通信)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-06-11 23:08
 羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は27日、福岡県久留米市のふかほり邸で2日目の戦いが始まった。

 張栩棋聖、高尾紳路九段とともに「平成の四天王」と呼ばれ、囲碁界を引っ張ってきた両雄。開幕戦では、3連覇を狙う羽根が本因坊初挑戦の山下を降した。これからどんな碁を見せてくれるのか。

 羽根、山下が相次いで対局室へ。定刻の午前9時となり、両者が62手目までの局面を盤上に再現する。そこで立会の小林光一九段が封じ手を「10の十です」と読み上げた。

 上辺での激戦が一段落し、互いに左下へ向かった局面。控室の検討陣は「左下を続けて打つのでは」と予想していた。しかし、山下の封じ手(黒63)は中央の黒への手段を制限し、将来の戦いに備える手厚い一手だった。羽根は白64と左下に打つ。その後は下辺、右下での折衝が続いた。【山村英樹】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊戦第2局始まる 羽根、強気に戦う
囲碁:本因坊戦第2局、久留米で26日から
囲碁:史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー
囲碁:羽根、逆転勝ち 本因坊戦第1局
囲碁:羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局

<口蹄疫>特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意(毎日新聞)
傷害罪の成否カギ シー・シェパード元船長、きょう初公判(産経新聞)
<普天間移設>民主党沖縄県連「到底容認できない」の見解(毎日新聞)
【中医協】医療機器8件の保険適用などを了承(医療介護CBニュース)
夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初(医療介護CBニュース)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-06-02 00:50
 政府の府省版事業仕分け「行政事業レビュー」が26日、経済産業省を皮切りに3週間の日程でスタートした。行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が公開で実施した一連の仕分けの手法で、各府省が無駄排除・効率化を徹底。2010年度予算の執行や11年度予算の編成に反映させるのが狙いだ。
 初日の経産省は9事業を対象に実施した。中小企業振興を担う「小規模事業対策推進事業費補助金」で運営している中国・上海事務所の相談・調査事業を廃止。海外で石炭の利用技術向上を図る「国際石炭利用対策」や自治体を対象とした「地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定」などを含む合計6事業を廃止とした。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
事業仕分けの結果(25日)
「安価、便利なサービスを」=裁判関連でも仕分け
傍聴者4870人、5割増=事業仕分け

日韓首脳が電話会談(時事通信)
諫早開門訴訟で裁判長現地視察(産経新聞)
27日に高齢者の政治参画を考えるフォーラム(医療介護CBニュース)
<H2Aロケット>打ち上げ成功 衛星の開発者ら「感動の笑み」(毎日新聞)
<普天間移設>首相「辺野古」表明 知事「厳しい」(毎日新聞)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-05-26 23:08
 大阪府高槻市の淀川堤防で先月、ポリ袋に入った職業不詳宇野津由子さん(36)の遺体が見つかった事件で、宇野さんを養女にした養父母らが、周囲に女性を養父の「妹」などと、事実と異なる説明をしていたことが13日、近隣住民の話で分かった。
 府警高槻署捜査本部は、宇野さんがいなくなった経緯について、養父母らが事情を知っている可能性があるとみて調べている。 

普天間、無条件撤去求める=志位共産委員長、米当局者と会談(時事通信)
小沢氏、不気味な沈黙 党内反対勢力と“全面対決”も(産経新聞)
サイバー攻撃への対応強化=政府(時事通信)
徳之島3町長「平行線だから、もう会わない」(読売新聞)
五輪メダル計10個!池谷&長塚&谷…民主チーム五輪で参院選(スポーツ報知)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-05-17 19:10
 30日午後10時ごろ、仙台市泉区桂の教員松本秀夫さん(56)方で、松本さんが玄関脇で頭から血を流して倒れているのを帰宅した長男が見つけ110番した。松本さんは病院に運ばれたが間もなく死亡。顔に殴られたような跡があったことから、宮城県警泉署は殺人事件とみて捜査するとともに、死因を含め詳しい状況を調べている。 

【関連ニュース】
時効廃止を即日施行=殺人など、改正法成立
「決してあきらめない」=八王子3人射殺は体制維持
殺人の時効撤廃=改正刑訴法が成立へ
刑事に失敗許されぬ=「裁判員も参考に」
胸に刃物、女性死亡=アパート近く路上

<放置自転車>大阪・北新地にあふれる…ホステス通勤で駐輪(毎日新聞)
ホントにここだけ!絶滅危惧種「リカオン」(読売新聞)
普天間移設 首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
前原国交相は「永田町の郷ひろみ」? 新上限料制で小沢系からは批判強まる(産経新聞)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-05-06 11:08
 永住外国人に地方選挙権を付与する法案に反対する1万人規模の集会が17日、東京・北の丸公園の日本武道館で開かれた。

 国民新党代表の亀井金融相はあいさつで、「外国人参政権付与が日本を滅ぼす。国民新党が拒否権を発動しているから、法案は成立しない」と述べた。

 民主党の松原仁衆院議員も「明快に反対だ。党内には同じ思いの議員もいる」と強調した。自民党の大島幹事長は「日本の主権、国民固有の権利を守るために我が党は断固反対だ」と語った。みんなの党、たちあがれ日本の両党の議員も参加した。

 一方、社民党党首の福島消費者相は17日、秋田県大館市で記者会見し、同法案について、「社民党は賛成だ。国政ではなく、地方選挙権という限られた付与だ。諸外国でも認めているところもある」と述べた。

ほう助で無職少年を検察官送致=石巻3人殺傷事件−仙台家裁(時事通信)
寝屋川の女児死亡 懐に飛び込めず見逃す 市と児相 連携、訪問も (産経新聞)
独居房の室温上げ虐待=事実隠ぺい、書類偽造の疑い−職員5人書類送検・宮崎刑務所(時事通信)
投票率1けた、総務省「聞いたことがない」(読売新聞)
医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-04-24 03:58
 気象庁は14日、3月の世界の月平均気温(速報値)は平年より0.44度高く、0.43度高かった2002年を上回って1891年の統計開始以来最も高かったと発表した。日本は0.56度高く、統計開始以降25番目の高さだった。
 同庁によると、陸域ではアフリカ北部から西・南アジアにかけての地域と米国北部からカナダにかけての地域および南米が、また海面水温は熱帯域ほぼ全域で、それぞれ平年より高かった。
 要因として、温室効果ガスの濃度増加に伴う地球温暖化や、現在発生中のエルニーニョ現象の影響が考えられるとしている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
温暖化対策、すれ違い=中国副主任と会談
技術協力へ連携強化=温暖化対策で中国高官と会談
原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書
林業再生へ鳩山首相が意欲=菅原文太氏ら招き意見交換

<国民生活センター>52人分の個人情報を紛失(毎日新聞)
<名古屋市版レッドリスト>「絶滅」に13種追加(毎日新聞)
山内議員の元秘書に支払い命令 東京地裁(産経新聞)
<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)
<宝塚音楽学校>タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-04-21 13:13
 中国電力島根原発1、2号機の点検漏れ問題について、再点検や調査を行う同社の緊急対策本部で原因究明を担当していた男性部長が、松江市内で死亡していたことが15日、同社関係者などの話で分かった。飛び降り自殺を図ったとみられる。【岡崎英遠】

【関連ニュース】
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
二十歳の手紙:自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く
自殺:対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン
自殺者:「3月1日」に多く 最少「12月30日」の2.5倍−−内閣府など分析
自殺:男性の身元、情報提供求める−−徳島東署 /徳島

野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
<岡田外相>核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪(毎日新聞)
母親、虐待隠しか 大阪1歳女児死亡 担当者遠ざける(産経新聞)
日本海で珍しいヒョウモンダコの撮影に成功(産経新聞)
首相、岡田外相の竹島発言に「政府の考え方変えてない」(産経新聞)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-04-17 10:25
 内閣府の津村啓介政務官は8日、政府が6月まとめる新成長戦略で、柱となる科学技術関連施策については総合科学技術会議(議長=鳩山由紀夫首相)が今月20日をめどに各省庁の提案を3段階で優先度判定するとの方針を明らかにした。会議メンバーの有識者の意見を基に「事前仕分け」を行うことで、「省庁の壁を超えた戦略を作る狙い」という。

 新成長戦略では、環境問題を解決する革新技術(グリーン・イノベーション)と、健康長寿社会を実現する技術(ライフ・イノベーション)が大きな柱。各省庁から約150件の施策提案が既にあり、総花的にならないよう、同会議が優先度の高い順に「◎」10件、「○」20〜40件の評価をつける。残りは無印扱いとなる。

カラスが電柱で巣作り、そして停電が起きた(読売新聞)
アフガニスタン 不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)
ゼブラーマン 完成披露試写会 5月1日から全国公開へ(毎日新聞)
首相動静(4月4日)(時事通信)
千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-04-12 15:35
 新年度がスタートした1日、埼玉県庁は189人の新人職員を迎えた。埼玉会館(さいたま市浦和区)で開かれた新規採用職員就任式で、上田清司知事は「アリの目、鳥の目、魚の目の3つの目を持とう」と、社会人の第一歩を踏み出した職員たちに公務員としての心構えを語った。公務員の仕事は地道で、毎日食料を巣に運ぶアリのよう。しかしそれだけでは、大きなトレンドを読み県民に必要とされる仕事をすることはできない。全体を見渡す鳥の目、潮流を読む魚の目を同時に持つことが必要だ−という考えだ。

 上田知事は「3つの目は、県庁と自宅を行ったり来たりしているだけでは身に付かない」と述べた上で、「友人との付き合いを大事にする、セミナーや勉強会への参加、消防団などの地域活動への参加など、いろいろな場所に身を置くことで、鳥の目も魚の目も身に付けることができる」とアドバイスした。

日照最少、そしてときどき雪ドガッ 東北・3月(河北新報)
「北は終わるかと…」 よど号メンバー 機長も乗客もいない低空飛行(産経新聞)
<与謝野氏離党>谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」(毎日新聞)
【なんて素晴らしい人生!】編集委員・石野伸子 ゴリラの瞳見つめてあげて(産経新聞)
「平沼新党」来週にも、鳩山邦夫氏などと連携探る(読売新聞)
[PR]
by kqrfgouxdl | 2010-04-07 04:34